ボイパ練習5 【フィルイン】

本日はフィルインの出し方(おかず)です。
フィルインとは、Aメロ-Bメロ間、サビにはいる前などリズムを刻むだけでは
物足りないところに中太鼓(タム)やシンバルも使って個性や華やかさを
持たせられます。
フィルインの音の出し方
基本出す音はドラムと同じで、
● タム(「トゥン」 中くらい音 中太鼓)
● シンバル (「ビシーッ」「カーッ」 高い音 シンバル、クラッシュ)
● オープンハイハット (「ツーッ」 高い音 シンバルを重ねたものを重ねないもの)
【音の出し方 バスドラ、スネア、ハイハット】で紹介している3つとの組み合わせでできます。
【タムの出し方】
ドラムセットの真ん中に2、3個ある中太鼓です。
タムのサンプル

■タムの音の出し方
1.唇を閉じる (力は入れず上唇は下唇に添えるだけ)
2.中くらいの声で「トゥ」と言い、すぐに唇を閉じる (バスドラの音を変えただけ)
【シンバル、クラッシュの出し方】
シンバル、クラッシュのサンプル

■シンバルの音の出し方
1.唇を閉じる (力は入れず上唇は下唇に添えるだけ)
2.「ビシー(シーは息)」と言う
【オープンハイハットの出し方】
オープンハイハットのサンプル

■オープンハイハットの音の出し方
1. 口の中(主に歯の裏)の面積を縮める
2. 「ツー」の「ツ」を言いそのまま残りの息を口から出す
【まとめ】





【その他の記事、初級編 (まずは音を出す)】
1. 音の出し方 バスドラ、スネア、ハイハット
3. 16ビート

よろしければぜひ「いいね」をしていただければ

Comments ブログ管理者が喜びますので、ぜひコメントを

ページのトップへ