リズムの位置(重心)

BUZZBEAT(blog管理人所属のバンド)のライブに来て下さった方なら
わかると思うのですが、私がボイパをしている時、やや腰を落として
ボイパをしております。
なぜなら
腰を落とす
重心を下に持ってこれる ので
リズムを安定させられる
ボイパを腹から打てる

からです。
■リズムの位置(重心)についてもう少し細かく言うと
・ リズムは腰の高さくらいにおくのがいいと思っております
– リズムを感じる位置というものがあって、リズムをイメージするとき手が肩より高い位置の場合、重心は高いところにあると思われます。
重心が高いとリズムが不安定になり、体には芯の無いリズムが刻まれます。しかし手が腰の高さに持ってこればいいわけではないです。
手が高いと重心が不安定になりやすいだけで絶対高いと悪いわけではないです。(高くてもリズムの芯がしっかりしている人はいます)

よろしければぜひ「いいね」をしていただければ

Comments ブログ管理者が喜びますので、ぜひコメントを

ページのトップへ