高音が強くなってしまう場合 (何故高音が目立つとよくないのか)

そもそも高音が大きいとどうなるのか

ハイハットは一番拍を刻む音で、上手く使うと、疾走感の調整やリズムにノリを加えることができると思っております。
シンバルやハイハットは金属音を真似ているから音が大きいかったりまるめないとどうしてもキンキンしてしまうと思います。
全てのパートを一つのバンドサウンドとして考えた場合に、ハイハットなどパーカッションの高域の音が大きいと問題があります。
大きいとどうしてもコーラスのハイレンジやボーカルのハイトーンを打ち消したりします。
特に小さい部屋などでは反響もしたりすることでさらにそうなってしまうような気がします。

よろしければぜひ「いいね」をしていただければ

Comments ブログ管理者が喜びますので、ぜひコメントを

ページのトップへ